保育の仕事インタビュー

インタビュー

「信頼される保育士をめざして」

保育士として働いて2年目になる、阿南保育園の豊田 亜実 さんにインタビューしました。

保育士になろうと思ったきっかけ

もともと子ども好きという理由もありますが、保育士を目指した一番のきっかけは、自分が保育園児の頃に担任だった先生の笑顔 が、大好きだったからです。そこで、自分が生まれ育った徳島県の地元で、子ども達と関わり、その成長に携わりたいと思いました。

保育士になって、楽しさややりがいを感じるのはどんなときですか。

本当に子ども一人ひとり違いがあり、個性があるということや、日々驚くような子ども達の言動に笑ってしまう時に保育の楽しさを感じます。また、昨日できなかったことが、今日はできるようになったなど、子ども達の成長を一つ一つ感じる瞬間に、とてもやりがいを感じます。

日々の保育で気をつけていることや、これからの目標などを教えてくだい。

子ども達に笑顔で関わることや、まずは、その子の気持ちを受けとめて共感するなど子ども達が安心して過ごせるよう温かい気持ちで保育できるよう気をつけています。子どもからも保護者からも信頼される保育士を目指しています。

メッセージ

子ども達の成長を見ることで、自分の学びにも繋がる本当にやりがいを感じられる仕事だと思います。





他のインタビュー

    まだインタビューはありません。

インタビューをもっと見る