徳島で保育士がしたい

県外から徳島に来て働いている保育士インタビュー

「阿波踊りという郷土文化がある徳島で、保育士になれて良かった」

県外から徳島に戻り保育士を続けている、ゆめあい認定こども園の藤原奈緒さんにインタビューしました。

保育士になろうと思ったきっかけは?

保育士として3年目までは大阪の堺市で働いていましたが、地元の徳島に戻り、保育士を続けています。
実習生の頃に出会った先生の保育、人間性に憧れ、保育士になろうと思ったことがきっかけです。
徳島は自然が多く、人との関わりが深い所、阿波踊りという郷土文化があるところに魅力があると思います。
そんな徳島で保育士になることができて良かったです。

楽しさややりがいを感じるのはどんな時?

子供たちとの会話のやり取りをしていて、思わずほっこり笑ってしまうとき。
保護者と他愛もない会話をして、相談をしてくれて、心を開いてくれていると感じたとき。
子供たちから、「おはよう!」「先生大好き!」「先生じゃないといやだ」といってもらえたときなどに、
楽しさややりがいを感じます。

日々の保育で気をつけていることや目標は?

子供たちのメンタルや、体調の変化にすぐ気がつけるように心がけています。
目標は、子供たちや保護者が信頼できる保育士No.1になること。職員からも頼られ、困ったときに助けることができる存在になりたいです。

保育士を目指す方、保育士として就職・再就職を希望されている方へメッセージ

 保育士はとっても楽しい仕事です!自分の特技や好きなことをどんどん活かせることができる仕事です。給与面など待遇は改善されてきて、将来性のある職業です。一緒に保育士として頑張りましょう!

他の県外から徳島に来て働いている保育士インタビュー

徳島県の助成金制度

若者の県内就職の促進と本県産業における雇用創出を推進するため、「日本学生支援機構等」の奨学金を借りた大学生等が、県内事業所に一定期間就業した場合に奨学金の返還を支援するものです。

徳島県の助成金制度について、詳しくは徳島県のサイトへ

全国の大学・短大・大学院・高専・専修学校専門課程の在学生及び卒業生の皆さんへ

令和3年度徳島県奨学金返還支援制度「助成候補者」募集

全国の大学・短大・大学院・高専・専修学校専門課程の在学生及び卒業生対象

【徳島市】UIJターン保育士応援事業

徳島市は、待機児童ゼロを目指し、令和3年度から3年間の緊急措置として、県外の方が徳島市内の認可保育施設等に保育士として採用された場合、その方に一時金として50万円(上限)支給します。
詳しくは徳島市のホームぺージをご覧ください。
https://www.city.tokushima.tokushima.jp/kosodate/ikuji/201530a2020hoikushi.html

【徳島市】ふるさとワーキングホリデー

徳島市内の保育施設で就労体験ができます。
参加対象者(1)徳島県外在住者
     (2)徳島県内の保育士養成学校等に通学する徳島県外出身者

◎リモートでの懇談会、現地での見学会、就労体験(滞在費等の補助あり)などができます。


詳しくは徳島市のホームぺージをご覧ください。
徳島市ふるさとワーキングホリデー(保育人材確保型):徳島市公式ウェブサイト (city.tokushima.tokushima.jp)