徳島で保育士がしたい

県外から徳島に来て働いている保育士インタビュー

「保育が好き!サーフィンも好き!だから徳島」

徳島で保育士として働いて4年目になる、かもめ保育園の𠮷田静香さんにインタビューしました。

 保育士になろうと思ったきっかけは?

私はもともと大阪で幼稚園教諭をしていましたが、趣味を極めたいと、奈良から徳島へ引越してきました。

子どもと関わる仕事が好きだったので、趣味を楽しみながら、徳島でも同じように保育の仕事をしたいと思いました。
保育士の経験が無かったので幼稚園と保育園の違いにも興味があり、保育士になろうと思いました。

 保育士になって、楽しさややりがいを感じるのはどんなときですか?

進級、入園当所は恥ずかしそうにして保育者になかなか話し掛けられなかったり泣きながら登園してきたりする子もいますが、少しずつ笑顔で話してくれたり、甘えてきてくれたり笑顔で登園してきてくれたりした時は嬉しく思います。
さらに、なかなか出来ないことを日々見守り時には援助をしてそれが出来るようになると間近で成長を感じることができます。私はこれら全てに楽しさややりがいを感じています。

 日々の保育で気をつけていることや、これからの目標は?

一人一人の子どもの気持ちに寄り添いながら、今この子にはどんな言葉掛けや援助が必要なのか、今何を求めているのかを考えて、対応をしていきたいと思っています。
一人一人の気持ちを汲み取り一人一人に応じた言葉掛けや対応を常に意識し気持ちに寄り添いながら見守ったり大切なことを伝えたり成長を応援したりしていきたいと思います。

 保育士を目指す方、保育士として就職・再就職を希望されている方へのメッセージ

大変なこともあるかもしれませんが、楽しくやりがいのある仕事なのでぜひ経験してほしいと思います。

他の県外から徳島に来て働いている保育士インタビュー

徳島県の助成金制度

若者の県内就職の促進と本県産業における雇用創出を推進するため、「日本学生支援機構等」の奨学金を借りた大学生等が、県内事業所に一定期間就業した場合に奨学金の返還を支援するものです。

徳島県の助成金制度について、詳しくは徳島県のサイトへ

全国の大学・短大・大学院・高専・専修学校専門課程の在学生及び卒業生の皆さんへ

令和3年度徳島県奨学金返還支援制度「助成候補者」募集

全国の大学・短大・大学院・高専・専修学校専門課程の在学生及び卒業生対象

【徳島市】UIJターン保育士応援事業

徳島市は、待機児童ゼロを目指し、令和3年度から3年間の緊急措置として、県外の方が徳島市内の認可保育施設等に保育士として採用された場合、その方に一時金として50万円(上限)支給します。
詳しくは徳島市のホームぺージをご覧ください。
https://www.city.tokushima.tokushima.jp/kosodate/ikuji/201530a2020hoikushi.html

【徳島市】ふるさとワーキングホリデー

徳島市内の保育施設で就労体験ができます。
参加対象者(1)徳島県外在住者
     (2)徳島県内の保育士養成学校等に通学する徳島県外出身者

◎リモートでの懇談会、現地での見学会、就労体験(滞在費等の補助あり)などができます。


詳しくは徳島市のホームぺージをご覧ください。
徳島市ふるさとワーキングホリデー(保育人材確保型):徳島市公式ウェブサイト (city.tokushima.tokushima.jp)