保育の仕事インタビュー

保育補助者・保育支援者インタビュー

「自分のすきなことを活かせる仕事」

保育補助者として働いて3年目になる、 みどり保育園の沖津尚代さんにインタビューしました。

保育補助者を志したきっかけ

知人の勧めで、保育士免許がなくても保育園で働けることを知り、大好きな子ども達と一緒に過ごせる、そして、私は音楽や物作りが好きで、これを少しでも生かせる保育補助という仕事をしてみたくて始めました。

楽しさややりがいを感じるときはどんなときですか

できなかった事ができるようになっていく姿を見守ることができること。泣いて登園していた子が、笑って自分に飛び込んで来てくれるようになったこと等楽しみでもあり、やりがいを感じる時でもあります。

日々の保育で気をつけていることや、これからの目標などを教えてください。

小さな子どもたちなので、伝えることができない事も多いと思うので、けがのないように安全に、少しの体調の変化にも気づけるように、気をつけています。

保育の事、子どもたちの事をもっと知り、勉強をして、保育士免許を取得し、より良い保育に関わっていきたいと思っています。

メッセージ

1日1日 成長が大きく見られる大切な成長期に携わることのできる貴重な仕事。笑顔に癒され、成長に感動。毎日元気をもらえています。これからも子ども達と一緒にいろんなことを発見し、学び、成長し、楽しみたいと思います。