保育の仕事インタビュー

インタビュー

「県外で気づいたやっぱり徳島で働きたい!」

徳島に帰って保育士として働いて5年目になる、島田保育園の堀尾 直也さんにインタビューしました。

徳島県で保育士になろうと思ったきっかけ

高校卒業後に県外の保育専門学校に通っていたのですが、生活をしていくにつれ「仕事をするなら生まれ育った徳島で働きたい」という気持ちが強くなっていったのがきっかけです。県外に出て改めて徳島の魅力に気付かされました。

保育士になって楽しさや、やりがいを感じるのはどんなときですか。

昨日までできなかったことが今日はできるようになったときなど、日々の成長を見るたびに保育士の楽しさや、やりがいを感じています。子どもたちが健やかに成長していく姿を保護者と一緒になって喜ぶことが保育士をやっていて良かったと思える瞬間です。

日々の保育で気をつけていることや、これからの目標などを教えてください。

子どもたち一人ひとりと会話をしたり、接する機会を作ることを日々の保育で気をつけています。つい自分の周りに来る子と話してしまうことが多くなってしまうので、毎日一人ひとりとの会話を大切にしています。
これからの目標としては、初心を忘れることなく保育に関する知識を増やし、自己向上に努めていきたいと思っています。

メッセージ

保育士の仕事は、子どもの命を預かるということもあり「大変」というイメージはありますが、その分非常にやりがいのある仕事でもあります。子どもたちのかわいい笑顔があふれる場所で成長を見守ることができ、自分自身も一緒に成長していけるので、皆さんもぜひ子どもたちと一緒に過ごしてみませんか。

他のインタビュー

    まだインタビューはありません。

インタビューをもっと見る